心筋梗塞(ハートアタック)

どんな心臓の病気?

心筋梗塞には、ST上昇型心筋梗塞(STEMI)と、非ST上昇型急性心筋梗塞(NSTEACS)があります。
いずれも虚血性心疾患の症状に含まれる心臓の病気で、心臓筋肉へ血液を運ぶ冠動脈に原因があり、冠動脈の動脈硬化、血栓形成(プラーク破綻)、あるいは冠攣縮によって心筋への血流が不十分、または途絶し、病的冠動脈領域の心筋虚血が引き起こされた状態であり、血流が途絶した領域の心筋が壊死に陥ってしまう状態の事をいいます。

おもな症状

典型的な心筋梗塞の症状は30分以上続く胸痛・胸部圧迫感・絞扼感・冷や汗・呼吸苦を伴い患者さんは病院を受診されます。
また胸部不快感と吐き気、嘔吐を伴う場合もあります。

注意点
上記の症状が改善したため病院を受診せず診断が遅れる時もあるので、必ず循環器のある病院で診察を受けるようにして下さい。

診断方法

医療現場では心電図、心エコー検査を行い、血液検査、必要に応じ冠動脈造影CTなど、注意深い検査、ケアーが必要になってきます。

前兆もなく心筋梗塞になりますか?

急性心筋梗塞は必ずしも高度な冠動脈狭窄が原因でないときがあり、前兆なく突然に発症する事があります。
患者さんにより冠動脈内狭窄は軽度でも、プラークが不安定化し破綻しやすい状態になり、プラークが破裂すると周りに血栓形成が起き冠動脈は急性閉塞し、心筋への血流が途絶します。
もっとも注意しなければならないのは狭心症の症状なく、突然に心筋梗塞を発症することです。
原因は冠動脈狭窄の強くない不安定プラークの急性破綻が原因です。

急性心筋梗塞の定義

2012年に欧州心臓病学会(ESC)と米国心臓病学会(ACC)よりガイドラインが示された。心筋バイオマーカー(トロポニンTなど)が上昇し、次に示す心筋虚血所見が一つ以上認められるものと定義された。
sinndennzu
1:心筋虚血による症状

2:心電図による新たなST-T変化、新たな左脚ブロックの出現

3:心電図にて異常Q波出現

4:画像診断にて新たな心筋のバイアビリティ喪失、新た壁運動異常

5:冠動脈血管造影や剖検での冠動脈内の血栓の同定 
           
上記5つが、定義されている。

心電図でST上昇型心筋梗塞(STEMI)の診断は、比較的解りやすいものであったが、
{非ST上昇型急性心筋梗塞(NSTEACS)}は、心電図変化での診断が難しい事もあり、また急性冠症候群(ACS)の概念、急性心筋梗塞の定義もそのために考慮する必要がある。
急性心筋梗塞の診断・血行再建術の遅れは生命予後に大きく関与するため臨床現場の対応は、これまで以上に大切になってきます。